なぜ整膚学園傘下でやっているのか

それは、整膚が広まればより多くの人々が救われ、健康になり、幸せになれるからです。整膚はどんな健康法よりも一番効果があるのに、やさしく、誰でもできるからです。整膚が広まれば、各家庭でみんなが整膚がいいよと言って実践することで家族が健康に幸せになれるからです。


そこには、例えば、私、松本宏一がどうのこうのといったことは一切ないからです。個人的に人が介入してああだ、こうだと言って、支配管理するようなことがないからです。


整膚という名前でなければならないからです。整膚に救われて整膚師として開業していた人が、プルスキンなどと名前を付けて健康雑誌にも出して、商標登録までしてやっていますが、そんなにも自分を誇示したいのか不思議です。


また、私のお客さんが、ある怪しい集まりに出た時、あるご婦人から整膚を10万円で教えてあげるわよと言われたそうです。まず、不思議なことをちょっとわかる、ちょっと見える、ちょっと人を癒せる、人のことがちょっとわかるといったような不思議能力を持っていたくらいで得意になって、何かそういった怪しげな会を催して、商売に結び付けるようなことや、神社仏閣などを利用してお金儲けするようなことは、いずれ天罰が下るような気がしています。


整膚はすぐに誰にでもできるので、ちょっと小器用な人や治療家やセラピストが本を読んだり、整膚師に訊いたりして、試しに使ってみる分には全然かまわないと思いますが、これはいいことを聞いたなどと思って得をした気分で、自分の施術にいいとこ取りで、整膚を使っていながら、何年経っても整膚師にならなかったり、時には本や雑誌などに自分で編み出したなどといって、自分のオリジナルの施術に加えたりしていることで、そういった癒しの仕事をすることで、必ず邪気をお客さんからもらい続け、後で大変なことになります。


自分が得をして、儲けることしか考えていない、そちらが中心の癒しの先生方々がかなり多いような感じです。治療院など構えてテナント料など払い、人を雇い、高価な機械をそろえてやっていくことで、その癒しの仕事は必ず偽ものになります。波動の機械なんかも高価なものですが、それで本当に人間が健康に幸せになれるとしたら、結局、一部の人だけの世界であるため、破滅に繋がると思います。


なぜかというと、すべての人のことを考え、すべての人に当てはまり、すべての人のことを思うということは、全生命に対しての愛に繋がるため、この愛がなくて健康や癒しの仕事をしていること自体に嘘偽りがあるため、その元からは邪気が出ているため、類は友を呼ぶで、共鳴して、いずれ破滅に繋がるということが人類の歴史を見てもわかるからです。


目に見えない世界での気・エネルギーを人為的作為的にコントロールし、あやつり続けることで多量の邪気が発生する、多分、その証拠としてか、あのアトランティス大陸が沈んだといったことをお聞きしました。


そこまでの反作用があるのが目に見えない世界の怖さだと思います。


だから、何もない、何もしない、無私、無我、無欲の無の氣功を貫き通すんです。


そして、すべての人の健康に幸せを願えるということは、自分と自分の家族がそうなってきていることの証明でもあります。


そして、癒しの仕事の先生方は、お客さんもそうなりやすい人からそうなっていくことが自分の癒しの仕事の証明でもあります。


最後に一番重要なことがあります。そういった整膚学園、徐堅先生の生きる姿勢、仕事への取り組みは全人類への愛が元にあり、ここまでは言葉の世界ですが、その背後にある、ビリビリ、ピリピリとかいったような気功やヒーリングで感じる気とは違って、もっと精妙でやわらかく、高い品位のある癒しの神様のような存在が後押しして、応援しているということが証明でもあることを感じるからです。


だから、整膚学園、徐堅先生と繋がりを太く、濃くするほど、整膚の上達が起こり、その人はさらに健康に幸せになっていけることがわかります。その証明が整膚学園に濃く深く縁して、関わり続けている方々にはっきりと見て確認できます。


体験談ブログをご参照ください。