無の氣功とは

詳しくはホームページをお読みください。

https://www.ki-seifu-matsumoto.com/

 

何もしない、何もない、無私、無我、無欲の氣功が無の氣功です。

 

本当は、氣功といった言葉は使いたくなく、名前も付けるのでなく、ただ氣とだけしたかったんですが、それでは人に説明することが難しかったために、無の氣功といたしました。

 

気の力によって病を療するということで、神沢先生は気療と名付けたそうですが、良い響きがあります。気による心と体の作用、何が起きるかといったことも含めて、神沢先生には色々とご指導いただきました。

 

また、世界最高レベルの氣功の先生にも大変お世話になり、私の氣のパワーアップと健康回復増進が起きたことに関して非常に感謝しております。名称は出してはいけないということで、世界最高レベルの氣功とさせて頂きました。

 

氣功関係でお勧めできるとしたら、この二人の先生方だけです。

 

このお二人の氣功の大家の先生には、私は個人的にもお世話になり大変感謝いたしております、ということを踏まえた上でも、無の氣功の説明をいたします。

 

無の氣功では、何もしない、何もないということで、私という人間が氣功するんではないということです。一言で申しますと、癒しの神様のような存在がやってくれているということが事実です。

 

だから、私は自他を氣功で癒そうとか、治そうとかいった思い、氣を操り、コントロールしようといった思い、氣・エネルギーに名前を付けたりして、人為的作為的に自分のものとして所有しようとしたりして、人に伝授して伝授料を頂くといったことや、氣功師として世に名を残そうというようなことは一切しないということです。

 

私の本音は、氣功師と名乗ることにはいくつかの理由があって、いささか恥ずかしい思いもあります。

 

また、氣功の仕事ではグループ、組織、団体等は一切つくらないということです。

 

私の将来の目標の一つは、これからさらに氣をパワーアップさせて、施術や指導の技術を高めて、本を書いて、東京などの都市でも仕事をするということでしたが、これは意外に簡単にできそうですが、整膚をより精進して深めていくにつれて、こういったことには段々興味がなくなってきました。

 

それより、私の住んでいる地域に整膚を広め、普及させていき、氣功などと名乗らずに、整膚の施術の一環でそっと手を当てる様な手当もしていき、無の氣功はあくまでも整膚の補助として行うこと、こちらのほうがずっと世のため人のためになるのではないかと考え始めました。

 

有名気功師、治療師の元にわざわざ行って治してもらわなければ、癒やしてもらわなければ健康に幸せになれないような人間関係は嘘があり、どんなにガンや難病が治っても、その元となる邪気はいったん消えても、どこかに残り、溜まっていくのではないかと思うんです。

 

誰でもいつでもでき、ガンや生活習慣病、難病、うつなどの精神疾患等々までも、自分の手だけで改善・予防し、健康増進できる整膚が広まることが、一番多くの人々が本当の意味で幸せになれるんではないかと思うんです。

 

そういう意味でも、無の氣功は消えてなくなってもいいと思うんです。

 

ところが、この無私、無我、無欲でやっていくほど、氣がパワーアップしていくことに気がつきました。氣功のプロとしてこれから倍、10倍と氣がパワーアップしていき、世の中でどうしても必要となった時にはしょうがなく前に出ていくしかありませんが、私はこれを避けたい気持ちもあります。

 

だから、整膚が普及してほしいんです。こちらのほうが難しいですが、世の中の人々が真の健康と幸福に至るには必要かと思われます。

 

氣と整膚の松本・体験談ブログには、お客さんからのたくさんの声が寄せられています。是非お読みください。