氣は神なりで、一人でも幸せになれる

12年前に私達がアパートの6畳間で仕事をしていた時、80才近くの男性がお嬢さんに連れられてお見えになりました。足が痛くて、びっこを引いていました。見たら、むかし落馬して片方の足が、確か、膝から下が何センチか短くなるほど変形していました。


これは難しいと感じましたが、取りあえず無の氣功だけで施術して、2度目まで効果はほとんど感じませんでしたので、私は自分がよいと思われる療法をお勧めしましたが、どうしても私の施術を受けたいとご本人がおっしゃっていたので、4回程くりかえしました。4回目も終わった後、痛がっていたので、私が階段を下りるのを手伝いながら、帰られました。


その後しばらくして、お嬢さんから連絡があり、あの後すぐに良くなって、トラクターを運転して元気に働いているとのことでした。私は良くなってよかったと思いましたが、信じられませんでした。


そして、何年かしてから、今度は、お母さんが足が痛くて孫の結婚式に出られないから遠隔してほしいと頼まれ、何度か遠隔したら、孫の結婚式に出れたということです。


そして、つい1週間前にお嬢さんから電話があり、お父さんは90才になりましたが、元気だということです。あの12年前の施術にかなり感動されていて、友人をご紹介して頂きました。


先日、友人とお嬢さんが付き添いでお見えになりましたが、今度は整膚が入っていたため、さらに感動され、広めたいとのことでした。そして、あのお父さんが治ったことを何度も何度も、その友人や私達に繰り返し語っていました。


これらの例は、私から見たら、やっぱり信じられないといったような感じで、私はほとんど何もしていないような、ただ手をかざすか、手を当てていたただけなので、また、治らないだろうと思っていたのに、治ってしまったことに関しても、私でない何か神様のような力が働いたのではと推測されます。


そして、私達が独立して、20年近く今までやってこれたことに関しても、確実に私達の力ではない何か神様のような存在が働いていることを実感しています。


修行したり、鍛錬したり、氣をあやつったり、コントロールするようなことは一切していないのに、私達や私達の所にお見えになる方々の多くが健康に幸せになれているのを、後で時間が経って見聞きするほどに、実感が増えています。


無の氣功の氣は誰でもできるため、ご自宅で自分一人で効果を上げられるようになってきている方々がドンドン増えています。新興宗教などのように、人が群がり、群れて、つるんでいる姿を見ると、多くの人々は気持ち悪さを感じることと思われます。


氣は信仰ではなく、氣は言葉ではなく、氣は思想ではなく、氣は思いではありません。自分の思いとは違って、勝手に働いてくれます。


整膚の徐堅先生は民間療法はやらないほうがよいとおっしゃっていましたが、私も同感です。また、セルフ整膚を5年くらいやるとよいと言っていますが、正しいセルフ整膚を一生懸命5年以上やると、どんな健康法よりも、どんな治療法よりも、どんなヒーリングよりも、どんな気功よりも、整膚が一番効果があると誰でもわかるようになると思います。


ただ、現代医療の治療は必要なものがあるかと思われます。そこに無の氣功の氣が加われば、さらに効果的かと思いますが、他の民間療法を含め、目に見えない世界のメソッドをやることで、無の氣功も整膚も効果が半減します。


なぜかというと、意識の分散が起きるからです。私は他のものも試してきましたが、ベースとなる無の氣功をどんな人よりも時間をかけて熱心にやってこれたからこそ、神のような存在が働いてくれるようになったと実感していますが、これから無の氣功の習得を志す人は、超簡単にできるようになってきています。


たくさんの繰り返しによって氣がパワーアップし続け、色々なことを実体験し続け、様々なことがわかってきます。氣と整膚はシンプルイズベストですが、繰り返し続けていくこと、しかもより正しい理にかなったやり方を学ぶ必要がありますので、この継続していくことができない人は習得が難しいです。ほかのことを何をやってもダメでしょう。


ただし、人間生活のありとあらゆることを見ると、シンプルな繰り返しの作業で成り立っていることがわかります。この繰り返しによって本当の本物の真の健康と幸福に至れることのみが真実です。


熱意の継続のみが幸、不幸を分けます。人間生活のありとあらゆるものがそうですが、特に、氣と整膚は熱意をどれだけ持ち続けられるかによって効果の違いが出ます。熱意を純粋な心で持ち続けられる人に神様、仏様の応援が入ります。


どんどんご質問ください。


体験談ブログもご参照ください。
精神的な心の好転反応(続き2)四国・男性 2017年11月