ストレス、疲れをとるNo.1は氣と整膚とプラスアルファ、だから一番健康に幸せになれる

ドリンク剤がバカ売れに売れて、癒しビジネスも盛況な現在、それだけ皆さんがストレスを抱え、疲労を溜め込んでいることがわかります。


しかし、一方で、犯罪が後を絶ちません。犯罪する人の多くがかなり元気です、一般の人よりエネルギッシュでなければ凶悪犯罪もできません。あの神社関係の人達の犯罪も普段から疲労を感じている人だったらできませんが、ものすごい精神的ストレスは抱えていたのに、それを人のせいにしていたことが原因です。


宗教犯罪の専門家がテレビで語っていましたが、お金と権威に関する神社などでのトラブルは多いそうです。私達が住むところの有名な神社でもあるとお聞きしました。


こういった多くの神社にたくさんの方々が有り難がって参拝し続けています。確かに神社によっては素晴らしいエネルギーを発している所がありますが、人々の願いをかなえたいといった欲が邪気となり、溜まっている所もあるようです。


この願いをかなえたいといった欲をすべて良いものとしているところが、現代社会の弊害です。生まれつき元気で、頑健な方々は、あるいは多少の不健康さがあっても余り気にせずに生きて来られた方々は、本当の意味でストレスや疲れが取れることがどんなにか幸せなことかわかっていません。


だから、とことんまでストレスや疲れを溜め込んで、あちこち行ってももうどうにもならなくなって、私達の所にお見えになる方々も少なくないです。


ほとんどの人が病気や症状だけ治そうとして、その元となるストレスや疲れを取ることに無頓着です。確かに、ストレスや疲れを取っただけでは病気や症状が治らないこともありますが、必ず緩和が起こります。


また、無の氣功の氣を受けると好転反応で溜め込んだ疲れが出てきます。溜め込んだ疲れを出さない限り絶対に健康になれないのに、疲れや症状が表面化すると嫌がる人がいます。


私達の所にたくさんのガンの方がお見えになりましたが、ある医師が言っていた通り、元気過ぎるからガンになるんですと言っていたことは正解のようです。


ガンのクリニックに勤めている方が、皆さん、患者さんは元気で、人によっては毎朝何キロもマラソンしている人がいるそうです。ガン患者の会のテレビ報道を見て、マラソンしている人が多いのを感じました。


毎日毎日運動し過ぎることで疲れや毒素を体の内部に閉じ込めます。体を押したり、もんだり、鍼を刺したり、さすったり、こすったりすることで体に負担を与え、後々続けていくことで必ず具合が悪くなります。私も身をもって体験しました。


全世界にある治療法、健康法、癒し等々の中で、氣と整膚だけが一番ストレスと疲れを取ることができます。プラスアルファはt多少人によって違いますので、ここでは明言を避けます。


心を邪気に侵され、心眼が曇っている方には、上記のような真実はわからないと思います。しかし、これから世の中では多くの方が信じて疑わない嘘、まやかしが次々と露わになります。


体験談ブログをご参照下さい。

お礼(無の氣功と繋がって6ヶ月目です) 四国・男性 2017年12月

 

お礼と質問 四国・男性 2017年12月

 

整膚の講習で体感したこと 千葉の松本健康院に感謝 サーシャ 2017年12月

 

整膚を学んで変わったこと サーシャ 2017年12月

 

My Lifeの記事もご参照下さい。

サーフィンの回数が減っても、すっかり地黒

整膚を人に行うには勉強が必要です

整膚学園の蔡晶先生は、講演会などでセルフ整膚を指導している時に、家族や友人知人など、自分以外の人に整膚をできますかといった質問があると、必ず不可能ですとおっしゃっているそうです。きちんと整膚学園で学んでくださいとおっしゃっているそうです。


私どもの整膚師養成教室に30年来の友人、村山佳子さんと村山美恵子さんがおいでになり、みっちりと勉強して頂きました。この整膚指導をしたことによって、整膚は誰でもできる、やさしい手技ですが、と同時に、かなり難しい手技でもあるということを改めて実感しました。


そして、心の状態、人間性等々が如実に表れるため、蔡晶先生は心の状態、人間性を高めなくてはいけないともおっしゃっています。


私は人のためにと思い、ご家族などにもやってみて下さいと言い過ぎました。この場を借りて反省の弁を述べさせて頂きます。私が安易に教えてきた結果、ほとんどすべての人は、それ以上、勉強しようとしません。


元々私は氣功治療をやってきて、自分の体さえ人まかせな人が多いのに驚いています。どこかが悪い、痛い、苦しい等々、自分の体のことも含めて、次には家族もここが悪い、あそこが悪いといったようなケースを依頼される方々が多いですが、あくまでも、私の仕事はその方々が健康に幸せになれる補助であるため、料金設定もそのようにしています。


そして、整膚をやるようになって、整膚を安易に教え過ぎたため、家族などに安易に整膚をしただけで、それ以上疑問を持ったりして、追及して勉強する人がいなかったです。


このことは、そのご本人も含めて、いつまで経っても自分の体さえ人まかせにして生き続けるような堕落した脆弱な心を、いつまで経っても変えようとしない人々が依存するだけの仕事としてレベルを落とすようなことになってしまいます。


この現象が多くの整体などの治療院、気功院、セラピスト等々のサロン等々に見られ、すべての癒しの場所で邪気がドンドン溜まり続け、汚い、腐敗した人間関係を構築していくような癒しの仕事をしていても、そのことに気づかない癒しのプロの方々がたくさんいることを見て、なんと嘆かわしいことかと長年感じ続けています。


確かに、私の氣功ではそれなりの結果が出るため、後から後からご依頼して頂くことには感謝し続けています。だからこそ、整膚を伝え続けているわけですが、セルフ整膚どまりにしてください。


家族でも、人に整膚をする時はきちんと学んでください。きちんと勉強してください。ちゃんと整膚師になってください。そして、さらに学び続けてください。こんなことは、かなりご高齢になったご年配の方々でもみんなできていますよ。


堕落した脆弱な心になればなるほど、不幸な人生になることに早く気づいてください。


今までの世の中では自分の体さえ人まかせにしている人々が多過ぎたために、世の中が不幸な人の集まりで、悪い世の中になっていました。これからは、自分の体は自分で癒し、治せるといった、誰でもできる整膚という新しい方法が発表された結果、ドンドン自分の体は人まかせにしないといった幸せな高い意識に心を成長させることができる人が増えていきます。


このことだけが世の中が本当の意味で良くなるチャンスです。


無の氣功は、氣功とはいえない氣でもって、誰でも、必ず心と体と環境の運勢の好転反応が出ながら、人生が良くなっていきます。
私が何年も言い続けてきた、神社などに頼っていても絶対に幸せになれないことをはっきりと裏付ける象徴的な事件が起きましたよね。心など目に見えない世界の専門家の方々も、ご自身の心を間断なく冷静に客観的に観察し続けることをしていません。その結果、無意識に嫉妬、ねたみ、余分な見栄等々、我欲、エゴが肥大し続け、不幸になります。


ご自分の体に向き合いながら、体の声を聴き続けながら、セルフ整膚することが一番幸せになれます。神社などの目に見えない世界を形や言葉で権威付けしたりすること自体に不幸の始まりがあります。それらをいくら崇拝し続けていても幸せになれません。


このような象徴的な幸せになれないことをはっきりと裏付けることがこれからも起き続けるでしょう。早く皆さん目を覚ましましょう。人の病気を魔法のように消し去ることを求めたりしていることの危険性に早く気づきましょう。あらゆる癒し、健康法などの名称に先生の氏名をつけること自体に本物でないものを私は感じてしまいます。自分には○○様がついているなんて言っている先生からは離れたほうがよいと感じます。

 

DSCN2451s.jpg 

 

DSCN2455s.jpg


何年も毎晩遠隔を受け続けて頂いている。整膚師でもあられる、ある医師の方から、最高級のお酒を頂きました。


体験談ブログをご参照ください。
 

教室受講後、5ヶ月目の率直な感想 四国・男性 2017年11月

 

奇跡をありがとうございます 千葉県・女性 2017年11月

 

悪い物が出て行ってるような感じでした 東京都・女性 2017年11月

 

整膚師養成教室を受講した30年来の友人の感想 サーシャ 2017年12月

 

整膚師の方の体験談 岐阜県・女性 2017年12月

 

教室と遠隔、ありがとうございます 千葉県・女性 2017年12月

 

この雰囲気も松本先生の遠隔パワーのおかげだと思っています 東京都・女性 2017年12月

誰もができる整膚を普及しようとすることで、本物の神様が応援してくれて、氣がパワーアップできる

特別なもの、特殊なものを追い求めるほど、本当の本物の健康と幸福から遠ざかります。霊能力、超能力のようなものは特別なもの、特殊なものであって、それで人が健康に幸せになることはできません。例え、病気が治っても、その治った分の埋め合わせ、反動、反作用が必ずあるようです。


治療家の人達が追い求めるエネルギー療法的なものも一時的に痛みを取ったりすることに終始していて、人様の健康のことは余り考えていないようです。


本来は自分で自分を癒し、治せるようになることが一番人間が幸せになれる道ですが、すべての人がすぐにはできるようにならないために、我々の補助が必要なんですが、その我々の補助としての仕事を、受けて頂くことを通して、すべての人々が自分で自分を癒し、治し幸せになれる技と力を身に付けてほしいと願い、仕事をすることで本当の本物の神様が応援してくれて、氣がパワーアップし続けます。


尚、現代医療は絶対に必要ですし、万人が何らかの形で受ける必要があると思っています。


昨晩、寝ていて、私どもに出現した二つの氣の柱である神様は整膚の神様であることが判明したら、その後、ものすごい氣・エネルギーが私に入ってきました。


整膚は誰でもできて、その場でも誰でも効果を出せます。が、さらに続けていくことで、より難しい症状や病気の回復、予防が可能となります。


人によっては、5年から10年の歳月が必要な場合もあると思いますが、その間に他の症状を含め、全身がより良くなり、心がより良く幸せな状態になれます。整膚でなかったら、他のものだったら絶対にこのような状態にはなれません。


ということが、私は何十年といった健康と幸せの探求と3年半弱の徹底的な整膚の実践でわかってきました。私は生まれつきの耳鼻咽喉の症状があったために発熱の繰り返しでしたが、氣と整膚で、特に整膚に出会ってからというもの、少しずつ緩和してきて、あと何年かで完治することを感じられるようになりました。他のどんなものでもダメでした。


整膚は誰でもできるため、誰でも整膚師になれます。整膚師の資格を取ることで一段と整膚への理解が進み、氣がパワーアップしますが、その後さらに学び続けることでより氣がパワーアップして、その方自身が幸せになれますが、さらに整膚の普及を目指すことでより氣がパワーアップして、幸せになれることがはっきりとわかりました。
整膚は人種、民族、宗教、考え方、思想、言葉等々の違いを超えて、すべての人間に普及できます。ので、世界各国にも広まりつつあります。


誰でもできる整膚でその効果が各分野で世界一ということも、神様が応援している証拠です。現代は超高齢化社会で、健康産業が花盛りとなり、仕事としてお金を稼ぐにはいいですよ〜といった感じで、また、そういった人達が整膚の効果に目をつけて、自分の所でも取り入れたいとプロの整膚師の資格を取ってやっていても、そういった動機では必ず道から外れ、間違った整膚になると思います。


なぜ間違ったものが普及してしまうかは、お金をもうけたいといった人達の強欲のエネルギーはものすごいものがあるため、一般の普通の欲のない人達がだまされてしまうといった実態が、現実があるからです。


私は氣功教室を長年やってきていて、私自身、健康と幸せのためにやってきたのに、何のために習いに来ていたのか、その動機に疑いを持つ人々が多かったです。自分が氣のパワーを身に付け、人に影響を与えたいとか、人を癒し、治せるようになって優越感に浸りたいとか、ただ単純に氣・エネルギーが面白いとか、目に見えない世界に興味があるといっただけでは、絶対に幸せになれないばかりか、不幸の道を歩むことが多くの人々を見て感じ取れました。


しかしながら、私自身、整膚の研鑚を毎日一生懸命やり続けていたら、私どもに過去からお見えの人々全員の邪気が消え、良い氣に変わってきていることを確認できました。その証拠に、日を追うごとに現在お見えのお客様とだけではなく、ご縁のあったすべての人との人間関係が良いものに変わってきていることを、私だけでなく、妻も確実に感じ取っています。


この素晴らしい効果は心理学や宗教等々、ありとあらゆる人間関係を良くするといったすべての方法をはるかに上回っていることは、私が何十年と探求してきて整膚に驚嘆すべき素晴らしい効果を実感し始めているということでわかります。これが、本当の本物の幸せになる道であり、整膚は生きることそのものであることも感じ始めました。


そして、私が行う無の氣功のパワーもさらにパワーアップしてきたことを実感し始めてきて、遠隔や施術をやることがさらに楽になりました。


しかしながら、無の氣功の意味は、何もしない、何もない、無私無我無欲の氣功ということですが、整膚がある限り、氣功は要らない、氣功は無いということで、ただ単純に氣とだけしか言えないものでもあります。
そして、氣にはマニュアルなんてなく、人生にはマニュアルなんてなく、ただあるのは、必要なのは心意気だけです。

 

体験談ブログをご参照ください。

変化は治るサイン? 愛知県・女性 2017年11月

最弱者を基準にすることで本当のことがわかる、本物がわかる

赤ちゃん、幼児、超虚弱者、体の弱いお年寄り、病気などで心身が弱っている人等々、最弱者にとって何をどうすれば健康に幸せになれるかといったことを基準にしないと、すべてが間違いになります。


例えば、元々エネルギッシュで体力がある人が働き過ぎたりして疲労困憊になり、ときには病気になった人が、これこれこういうことをしたら病気が治り、健康回復して仕事に復帰できたなんて体験談では参考になりません。元々体力があり、きつい仕事でもこなせた結果、疲労が蓄積したため病気になった人は、一言でいうと休んでいれば治るからです。


また、飲食で病気を治した人、例えば、マクロビなど一生続けていける人は、そう多くはありません。ストイックな生活管理ができる人はそんなに多くないため、一般的ではありません。


上記の最弱者の人に、もし鍼治療や指圧やマッサージを施し続けたら、さらに具合が悪くなるため、いまだに私どもにはそういったことでさらに体調を悪化させてお見えになる方々が後を絶ちません。


こういったことを再三再四書いてきたにもかかわらず、それほどご自身が弱くないために、先生、本当に押したりもんだりしてはダメなんですかと言って、お見えになる方々がいます。


なかには、そういった押しもみによる満足を求めていて、そういったところに通われている方々は、すでにもう体が固まってきていることにも気づかずに、氣と整膚をしても何か物足りなさだけを感じて、あるいは、少し気持ちよかったです程度で、余りご自分の健康のことを深く考えずにこられたために、氣と整膚の意味もわからず、1、2回こっきりの人もいますが、押したり、もんだり、鍼を刺したりを続けて受けられることで、将来体を壊すことになると思います。


私自身、虚弱で弱いのに動くことが好きで激しく体を使ってきたため、体を壊しても氣と整膚以外で効果を感じたものはありませんでした。ゆる体操の中にさすりがありますが、最近わかってきたことは、さすっていた部分が肌荒れを起こし、内部に痛みが出てきたのが、さすりをやめて、整膚だけにしていたら緩和してきたことです。


整膚の講座で、赤ちゃんは皮膚が弱いため、さすることでストレスになるということを知りました。さすりも良くないということです。


このように、弱い者、最弱者は、その体でもって、その方法が本当に健康に良いか否かを判断できます。だから、普通の体力がある人がいくら良いと言われるものであっても、当てにならないということがわかります。


氣と整膚は普通の体力がある人、それ以上の体力がある人でも、万人に、合う合わない関係なく、すべての人に適応できます。五輪整膚ステーションの講座で、神谷医師が全日本プロレスの選手に整膚をしていたら、打たれ強くなり、試合に勝てたとおっしゃっていました。


また、整膚をし続けていくことで体が敏感になり、本当に体に良いものかどうかを見極められる体になっていきます。そのためか、徐堅先生、蔡晶先生、徐遥先生等々、元々丈夫で体力があるような人でも、健康と幸せに何が一番よいか、何をしたらダメかといったようなことがわかるようになるんだと思います。


徐遥先生は整膚もいいけど、マッサージ、指圧もいいと言っているようでは駄目だとおっしゃっていました。長年の自他への施術の実体験でしょう。


徐堅先生は無になる生活をしなさいとおっしゃっています。例えば、これを食べた方がいい、あれを食べない方がいいとか言って、あれこれ頭で考えることで、無になることができない生活はストレスを生み、自ら病気になる生活をするということです。


食べたいものを食べたい時に食べたいだけ食べられることが健康であるとおっしゃっています。現代は本来、自由、幸せを謳歌できる食べることまでも情報や教育などで管理され、家畜のように健康のためにといって、幸せを犠牲にして生きている人々が多いです。生真面目さは自由を奪い、不幸になります。


私も生まれつきの虚弱な面と強い面が、両方があったため、氣と整膚に出会い、本当の本物が何かということがわかってきたということです。

 

体験談ブログをご参照ください。

何十年もヨガ、瞑想、ヒーリング、氣功のプロとしてやってきた方の体験談 サーシャ 2017年11月

報告と質問 四国・男性 2017年11月

変化への不安 愛知県・女性 2017年11月

お礼と質問 四国・男性 2017年11月

幸せは、体を通してだけ幸せになれる

このことは、医学的にも確実に証明されます。幸せを感じる時と、不幸を感じる時の、例えば、自律神経、ホルモン、血流の状態だけでも明らかな差がおそらくすべての人にはっきりとした結果が出るでしょう。


整膚学園の蔡晶先生達が末期ガンの患者さん達に対して、ある病院で医学的な知見の元で整膚を実証し続けてきて、ある末期ガンの患者さんから、こんなに幸せな体験は初めてですといわれたそうです。


このような事例は、カウンセリングなどの言葉の癒しや気功やヒーリングなどの気エネルギーの癒しや宗教などではほとんど起きることがないでしょう。ところが、体の皮膚を耕す整膚では日常茶飯事で起き続けています。


どんな人も誰でも、ある一定レベルの効果を上げられる整膚ですが、蔡晶先生のようなより効果的な整膚ができるように整膚を極めようとすることで、さらなる幸福が訪れます。


徐堅先生や徐遥先生等々、それに続く整膚のベテラン上級者達には、整膚の手技、技術だけでなく、生きる姿勢そのものにも学びがあります。だから、整膚学園との太いパイプ、ご縁をより濃くすることが重要になります。このご縁自体が氣・エネルギーであるといえます。


氣は直接的に幸せになれる補助は致します。だから、遠隔だけでも心が安定する、よく眠れる、心が強く明るくやわらかくなってきたと多くの方々が体験談を述べられていますが、これもやはりセルフ整膚があってこそです。


心身を壊し、病む人々の多くが、そこまで悪くならないと体からのサインに気がつかないということが共通点です。当然、治る過程では少しずつ薄皮をはがすように、体の一か所が悪くても、全身のどこかに気がつかない悪くなっているような所があり、良くなりやすい所から良くなっていきます。


今、気になっている症状が一気に全部すぐに良くならないと気が済まないといった人は、その性格上、不幸な人生を歩みます。体が一番の先生であり、誰でも持っていて、一生のうち誰かととっかえひっかえできません。一生亡くなるまで体と共存します、誰でも。


精神世界、心の専門家のほぼ100パーセントの人々は体に対しての詰めが甘いため、精神疾患の患者さんに対して良くできる決定打を持っていません。気功やヒーリング等々、気エネルギーや霊や魂など目に見えない世界の専門家の方々も同じく、体に対しての詰めが甘くて、人を良いほうに導く決定打を持っていません。


今まで世の中にあるほとんどの体を良くする方法で人は幸せになることができません。幸せな健康長寿者をよーく観察してみると、その人が幸せになれる体使い、食べ方や寝方等々、考え方も含めてすべて理にかなっているため、幸せになるための神様が付いているため、強くて高い氣を発しています。


そこに整膚をすれば、さらに幸せになれます。整膚の指導において幸せになれる正しい快の感覚を伝えていく必要がありますが、このことは時々刻々人によって、その時その日によっても変化し続けるために、だから、常に学びが必要なんです。


幸せな座り方、幸せな立ち方、幸せな歩き方、幸せな寝方も日々刻々変化し続け、幸せな食べ方も同様に、食べ物にあるのではなくて、その人の心と体の状態によって幸せな食べ物が変化し続けます。健康食品も幸せになれるものがありますが、非常にまれです。


人は体を通してだけ幸せになれるのに、そのほかの物やお金や他者など自分以外の人や物、権威や名声、知識や言葉等々に幸せを求めても、確実に絶対に本当に幸せになれないのに、多くの人々がなかなか気がつこうとしません。


氣と整膚、それにゆる体操の一部等々などで体をゆるめることのみによって、確実に人は幸せな状態をさらに幸せな状態に引き上げていけることの証明の実例が、これからドンドンドンドン、ドンドンドンドン、ドンドンドンドン増え続けます。


早く皆さんもそれに気づきましょう。人によってはプロの整膚師になったほうがより幸せになれるのに、私がいくら勧めても気づこうとしない人がいるかと思えば、たいして勧めてもいないのに、自分からちょっと整膚を受けただけで、あるいはちょっと整膚の説明を受けただけで、ピーンときて積極的に整膚師になろうとする人々もいます。


今、私の周りでは、整膚を通して体を通して幸せになりつつ、さらに幸せを向上させつつある人が増えつつあります。無の氣功の氣は、完全に確実にこれを世界一補助いたします。


体験談ブログをご参照ください。
植物人間状態の方の変化 千葉県・女性 2017年11月

反骨精神、フロンティアスピリットの大爆発はあるか、怒りの大爆発はあるか、大破壊はあるか

私は生まれるとき元気過ぎて、母親の腹をぶち破り、母親は死にそうになったそうです。泣き始めたら雷が鳴っても泣き止まず、あの屈強な親父も一緒に泣いてしまったそうです。


元気なのに、よく熱を出していたり、虚弱でよく風邪を引いていました。大人になり、氣を始めたら同じようになりました。子供の頃、普段は大人しいのに、大人の心のわだかまりを感じていて、常に怒りを持っていて、何かのきっかけでたまに大暴れして、スコップなど持って物を壊したり、こぶしで壁に穴をあけたりしていました。


「人間が一番汚いんだ〜!」「自然を破壊するな〜!」といった心の叫びを実際に大声で叫んだりしました。ボディビルを始めてからも反骨精神、怒りをぶちまけるようなトレーニングで、大音量で音楽をかけながら倒れるまでよくトレーニングをしていました。


大原の祭りの時も一人で一升瓶の酒を飲み干し、立てなくなったり、よその地域の暴れ神輿の先頭で担いでいたため、後で集団リンチに遭いそうになりました。こういった場面はそのあと度々ありましたが、なぜか暴力沙汰にならないで済んだのも何かに守られていたと思います。


山に自転車で行き、滝から降りようとして転げ落ちた時も、軽い打撲で済んだのも不思議でした。こういったことも度々あり、右腕切断に近い裂傷で、太い血管を2本も切断した時も、難なく助かったことも、やはり何かに守られていた感じです。


生まれつき大人しい半面、人が驚くような激しい気性を持っていたため、たくさんの面白いことがありました。最近も同級生が選挙に出馬するので、多少の応援をしましたが、対抗馬からの自分の地域を荒らさないでくれといった言葉に激怒しました。選挙違反もしていないのに、また、その地域にはその対抗馬とは一切関係ない人が大勢住んでいるのに、何様のつもりなんだ、そして、私の実家や知り合い等々、商売がらみに、いわゆる圧力をかけるといった、それこそ選挙違反をしているではありませんか。


そして、私の両親は離婚しましたが、そのことで、まだ健在の両親に普通に私が会うこと自体はごく当たり前なのに、そのことで私と両親との関係を崩すような噂を立てるコソコソした人間に大激怒しています。


このことは、自分の名前や居所を知らせず、誹謗中傷したりするネットの輩と同じで、その精神、心が完全に不幸の道を歩んでいるのに気がつかないでいます。


私は生まれつき持った怒りが元での反骨精神、フロンティアスピリットを利用して、今まで氣の仕事でここまでやってこれました。のに、まだまだ沸々と燃えたぎる爆発するような怒りのようなやる気があって、夜中でもたまに飛び起きてしまいます。


こういったことを利用して、これから整膚を広めていきたいと思います。先日、五輪整膚ステーション認定講習会に名古屋に行ってきました。これに出席したことで、初級スポーツ整膚師を育てることができます。詳しくは近日中にホームページに載せます。


この講習会の時も、徐堅学長と竹内先生が、いわゆる権威、組織、お偉方には整膚を伝えようとしてもダメで、ごく一般の普通の人、一人一人にじっくりと整膚の良さを伝えていくしかない、草の根運動的なことをやるしかないという結論を話されました。


先日もネットニュースで、鍼治療の害がプロのスポーツ選手に実際に現実のものとして起きているにもかかわらず、権威団体が圧力をかけているような報道がありました。このことは、あんまマッサージなどの押したり、もんだりすることの害も含めて、これからどんどん表面化してきて、そういったものが大破壊を起こします。


龍神ブームに乗って金儲けしようとする輩に対して、本物の大龍神が大激怒しているといった本もありましたが、私どもでもそういった、ご利益開運する絵などを捨てたら、龍神様達が解放されて、すぐに大空にたくさんの龍神雲が現れました。


このように、既成概念の大破壊を起こす破壊の神シバ神が大乱舞する時代にこれからますますなっていきます。既得権益、自分や自分の家族が得をして安全で、安心して何々家が発展してくださいといった個人的なご利益、開運したいといった欲望等々も含めて、例えば、健康や癒しの分野で治療家やセラピスト等々が自分の所にお客さんを依存させ、たくさん来させるためにやっているサービスや話や理論理屈、施術、癒し等々も含めて、ネットワークビジネス等々の健康食品やありとあらゆる食や運動などの健康法、目に見えない世界のヒーリングメソッド等々で複雑多岐にわたった小難しい癒しの技術や話や言葉等々で人に暗示をかけ、洗脳して高価な料金をいただくことなどすべて、これからそういったものの嘘が暴かれます。


大量の邪気があるにもかかわらず、一時的に病気が治ったり、開運して、目先の利益が出たことで多くの人々がだまされ、洗脳されている現実が大暴露されます。新興宗教なども含めてです。


多くの人々に気づきの意識が芽生えます。私どものところにも最近特に精神世界スピリチュアルに傾倒しているお客様達がたくさんお見えになってきています。私もそういった不思議世界は好きですし、現実に不思議現象がたくさん起きています。


しかし、本当に本当のことは一体何なんだ、人間が本当に本物の真の健康と幸せになれるのは一体何なんだといったことを冷静に客観的に大爆発を抑えながらもじっくりと探求し続けています。


五輪整膚の認定講習会でもやはり、整膚だけで接骨院を経営されている徐堅先生の息子さんの徐遥先生の迫力とこれからの可能性はすごいものがあると実感しました。整膚学園の活動は他からの、既存の勢力からの攻撃もあるかもしれません。


私はこれから、陰から黒子的な感じでも、目に見えない世界においても何とかそのことを阻止して、整膚学園の活動を応援したいと思っています。


とにかく私の中には何か強烈に破壊したいといったものすごく強烈な怒りのようなエネルギーが存在しています。私は今では元々の虚弱で、体力がない状態も露わになっていますが、それでも急所攻撃や武器を持ち、いざとなったら私よりもパワーのある連中にも勝つことができる自信があります。とにかく大暴れして大爆発したいといった大欲求を抱えながらいつも生活しています。


これはエネルギー的な話で、実際にはやることはないでしょうが、いわゆる、それだけの大爆発しそうなエネルギーを常に抱えて生活しているために、自分の体を痛めるまで動いてしまったりするため、もっともっとゆるめて癒していく必要性を感じています。そして、さらに強くて高い多量の氣が自分の体に入り、流れ出る身体づくりを時間のある限り、一銭にもなりませんが、やり続けています。


人間の願いをかなえる龍は悪い龍で、そのうちその悪い龍は願いをかなえた人間の心をコントロールするようになると、ある人が言っていましたが、その人からは良い氣が出ていました。


人の病気を治している気功師やヒーラーさんで、良い氣が出ている先生と悪い氣、邪気が出ている先生の違いは一体何なんでしょうか。外見や言っていること等々では見分けがつきません。だから、多くの人はだまされます。


自分達の利益しか考えない意識の大破壊が始まりました。一見、よい人を装っていて、善人ぶっていても、暴かれます。無の氣功を受けると、こういった意識が嫌がるため、なぜか色々な理由をつけて受けるのを拒む人がいます。
私は反骨精神、フロンティアスピリットの大爆発するようなエネルギーでもって本当の本物の健康と幸せとは何なんだと探求してきました。そして、今も探求し続けています。


体験談ブログをご参照下さい。

遠隔気功による浄化現象 四国・男性 2017年11月

遠隔気功による変化 四国・男性 2017年11月

ゆる体操についてのご質問 愛知県・女性 2017年11月

グループ遠隔体験談とご質問 千葉県・女性 2017年11月

何があっても、どんなことがあっても、ぶれない心を養うことが幸せには必須

このことと、氣を強くパワーアップさせることは同じことです。熱意を失わずに、常に継続して持ち続けることと同じことです。私は長年教室もやってきていて、たくさんの人を見てきて、いかにこのぶれない心を養うことの必要性があるかを強烈に感じています。


多くの人が氣功師になりたい、整膚師になりたい、ヒーラーになりたい等々、プロの癒し手になりたい、私、先生のようになりたいとおっしゃっていたにもかかわらず、何かちょっとしたことで心がすぐにぶれたり、折れたり、嫌になっちゃったりして、あんなにも言っていたのに、結局、目標、夢を実現できなかった人々がこんなにも多いことを半ば呆れていました。また、同じことの繰り返しにすぐに飽きてしまう人々も少なくないですが、何をやってもダメでしょう。幸せになることは到底できません。


先日、あるセラピストの方が施術を受けにいらした時に話されていたことで、治りたくない人がいるんですよねとおっしゃっていて、あっ、そういえば、私達の所にも以前、自分が病気でいることで家族などがいたわってくれて、仕事もしないで済んでいるということで、ただ癒してほしいというお客さん方がいたなあと思い出しました。


現在はそういったお客さんが私達の所には、そういえば、いなくなったことに気がつきました。病気でいることで様々な言い訳ができるために、例えば、整形外科に通っていても治らないけど、医者に行っているといったことを家族に言えますが、私達のところに来ていても家族には言うことができない、しかも、治って元気になったら、病気であった時の言い訳ができないといった人達も少なくないですが、後々大変悲惨な人生になることは誰もがわかります。


また、悩める人々の相談に乗っているプロのヒーラーさんも私達のところに通われていますが、先生、なんでこんなにうつが多いんですかねえとおっしゃっていました。


様々な要因がありますが、まず、大人社会が苦しくて、楽しくない仕事をして、面白くない人生をみんなが送っていること、そして、いい人症候群で、人から見ていい子、いい人に見られるために、自分の本音を偽って隠して、我慢して生き続けている人が多いことが原因です。


なぜ本音で生きれないかと申しますと、氣が弱いからです。心が弱いからです。そして、体が固まっているからです。先祖やお墓がどうしたこうしたとか、宗教が間違っているから家族が健康に幸せになれないんだといったようなことは間違いであることが、私は例えば、お客さんをそういった専門家に紹介したり、長年たくさんの人を見てきてわかりました。


私達は初詣にもいかないし、家を建てるときに地鎮祭もしなかったし、神棚やお札もありません。仏像やエネルギーグッズの類も今は持っていません。101才で亡くなられた平和を訴えていたジャーナリストの方は一度も神仏にお願いしたことがないとおっしゃっていました。50才で歯が全部抜け、その後2度のガンを患ったそうです。奥さんは30才までしか生きられないと医者に言われたそうですが、92才まで生きられたそうです。


私は私の夢に現れた龍神様はおそらく私の実家の大原八幡神社から来たのだろうと思います。徐堅先生は毎朝お寺に参拝に行っていて、仏様の導きと常々おっしゃっています。


私のところに現れて、その後ずーっと居続けて下さっているエネルギー体の神様のような存在も、私達が引っ越しても来てくださると思います。私は生まれた時から何かそういった神様のような存在が守って下さっていることを薄っすらと感じていて、特に、この年になって様々な不思議体験をして、このことは確実であると実感しています。


すべての人がおそらくそうであるのに、気づいている方々が少ないです。整体などの治療にいくら通っても、心が強く明るくやわらかく大らかになることはありません。押されたり、もまれたり、鍼を刺されたりして、骨格調整されたりして、物理的に変化があっても、邪気がドンドン増えるからです。


皆さん、何があってもどんなことがあってもぶれない強い心を養おうといったことを忘れています。


心が動じない不動の心を養う必要はないです。腹式呼吸をやっている方々に固い下丹田が形成されて、感じる心を麻痺させ、鈍い感性になってしまっていることもたまに感じます。いくら心が動じても、すぐに元の軸に戻ればいいだけのことです。そして、その軸がぶれないように体をゆるめて、体に軸をやわらかい軸をより形成していくことが必要です。


そして、人生の大半を占める仕事をより楽しいことにしていくことがすべての人が幸せになる秘訣です。整膚師になったとしても、足踏みしているのではなくて、ドンドンドンドン前進していくこと、それにはドンドンドンドン学んでいくといった学ぶ姿勢を保ち、強化していくことがその人の人生が幸せになれる秘訣です。


徐堅先生は常々、勇気を持ってくださいとおっしゃっています。自分の置かれた環境のせいにして、できない理由を考えるのではなく、少しでもできることから前を向いて進んでいきましょう。


私のところにお見えの方達の多くが私と似ていて、すべての過去を癒し、浄化してきれいにする必要がある人が多いですが、中途半ばで来られなくなる人々もいます。氣によって心が洗心されるときに、悪いものが浄化されるのを嫌がって、心が苦しくなる方々が多いです。人生は山あり谷ありで、大変なこともありますが、心が強くなり、ぶれない心になれば乗り切れます。


整膚には悲しい時も苦しい時も皮膚を耕そうといった素晴らしい歌があります。その他の整膚の歌も素晴らしいです。が、整膚を学び続けていないと、素晴らしい歌にも出会えませんし、学びが浅いと、整膚の心を習得できません。氣も整膚も学び続けることで人生が良くなります。


悪いことがないように、嫌なことがないようにと不安、心配、恐れが元で神経質にガチャガチャ、ゴチャゴチャと色々やることで、心はドンドン弱くなりますが、世の中の人はこの心が弱くなることに気づかないために、後々、例えば、晩年になってから大変になったりしています。


本当は年取るということは、肉体が衰える代わりに、心は益々強くなることで、100%幸せな長寿者は氣が強く高いです。何があっても、どんなことがあっても、ぶれない強い心を養うことが幸せになるために一番必要なことです。


去年、じゅんちゃんのホットドック開業を手伝った時、幼なじみで漁師の同級生や女性の友人達、ふるさとのご縁が復活しましたが、今回、やはり、幼なじみの同級生しんちゃんが市議会議員補欠選挙に出るということで、昔お見えになっていたお客さん達に紹介がてら会うことができました。


しんちゃんのお母さんが手を手術して、その後固まってきて動かなくなってきているのに、それを医師に伝えると、1年に1ミリずつ良くなるよといわれ、そうしたら、死ぬまで、寿命が尽きるまでに良くならないですよと医師に言ったそうですが、その手をその場で2、3分整膚したら、すぐに楽になり、後で訊いたら、自分でもやって整膚はいいねえということでした。


そして、自然食品店をやっているHさんには過去随分お客さんを紹介して頂きましたが、いまだに仲間と気療をやっていて、あのとき経済的に大変だったけど、一人五百円とか千円の気療代をいただくことで何とか乗り切れましたと、Hさんが言うには20年ぶりですねと久しぶりの再会にお互い喜びました。気を続けているせいか、以前より強くたくましくなった感じを受けました。ご高齢に近づいたご婦人ですが。で、その方にも整膚の資料を渡してきました。


数年前、私の親父が圧迫骨折で寝たきりになった時、毎日氣と整膚をやりに行き、完治してすぐに一人で旅行に出かけました。そして、酒を一か月以上やめても、肝臓の数値が変わらないからと、また酒を飲み始め、痛風が出たので、私が週1回行くようになって施術していたら痛風は出なくなり、三カ月が過ぎました。


そして、私は家業を継がなかったので、従兄弟が社長になりましたが、彼がむち打ちで2年間病院に通っても良くならないので、整膚も以前教えましたが、上手くできていなかったせいか、私が数分やったら、その場で楽になり、正しいやり方を教えることができました。


氣は一部の人には広まり、多少の社会貢献はできましたが、整膚は即効で、その場で結果を出せて、すぐに誰でも身に付けられます。ぜひ皆さんの住んでいる地域の人々に広めてほしいです。広めたいと思っていることで、何かのきっかけで整膚の良さを伝えることができます。


私達は施術にお見えになったお客様にサービス整膚をすると同時に、付き添いでお見えの方にはサービスで横になって頂き、氣を受けて頂くと同時に、サービス整膚を行っています。整膚の良さを伝えるのに、無料でできるだけ多くの方々に体験して頂くことも必要です。


そして、ご家族でお見えの方々で、あるいは以前からお見えの方々で、良くなり、健康になることができた人ほど、時間が短くて済むことがありますので、その場合は施術料金の値引きもしています。


皆さん、自分でセルフ整膚をすればするほど、生涯にわたって段々医療費も少なくて済むようになりますので、当然、私どもの施術にお見えの場合も短時間の施術で済み、間隔もあけることができるようになり、施術代も安く済ませられるようになります。

体験談ブログをご参照ください。
施術と神社の体験談 千葉県・女性 2017年11月
整膚のあるライフスタイル 海外在住・男性 2017年11月
精神的な心の好転反応(続き3)四国・男性 2017年11月

 

My Lifeもご参照ください。

夫とふるさとの繋がり

 

DSCN2354s.jpg

 

DSCN2370s.jpg

 

PAP_0052.JPG
 

氣は神なりで、一人でも幸せになれる

12年前に私達がアパートの6畳間で仕事をしていた時、80才近くの男性がお嬢さんに連れられてお見えになりました。足が痛くて、びっこを引いていました。見たら、むかし落馬して片方の足が、確か、膝から下が何センチか短くなるほど変形していました。


これは難しいと感じましたが、取りあえず無の氣功だけで施術して、2度目まで効果はほとんど感じませんでしたので、私は自分がよいと思われる療法をお勧めしましたが、どうしても私の施術を受けたいとご本人がおっしゃっていたので、4回程くりかえしました。4回目も終わった後、痛がっていたので、私が階段を下りるのを手伝いながら、帰られました。


その後しばらくして、お嬢さんから連絡があり、あの後すぐに良くなって、トラクターを運転して元気に働いているとのことでした。私は良くなってよかったと思いましたが、信じられませんでした。


そして、何年かしてから、今度は、お母さんが足が痛くて孫の結婚式に出られないから遠隔してほしいと頼まれ、何度か遠隔したら、孫の結婚式に出れたということです。


そして、つい1週間前にお嬢さんから電話があり、お父さんは90才になりましたが、元気だということです。あの12年前の施術にかなり感動されていて、友人をご紹介して頂きました。


先日、友人とお嬢さんが付き添いでお見えになりましたが、今度は整膚が入っていたため、さらに感動され、広めたいとのことでした。そして、あのお父さんが治ったことを何度も何度も、その友人や私達に繰り返し語っていました。


これらの例は、私から見たら、やっぱり信じられないといったような感じで、私はほとんど何もしていないような、ただ手をかざすか、手を当てていたただけなので、また、治らないだろうと思っていたのに、治ってしまったことに関しても、私でない何か神様のような力が働いたのではと推測されます。


そして、私達が独立して、20年近く今までやってこれたことに関しても、確実に私達の力ではない何か神様のような存在が働いていることを実感しています。


修行したり、鍛錬したり、氣をあやつったり、コントロールするようなことは一切していないのに、私達や私達の所にお見えになる方々の多くが健康に幸せになれているのを、後で時間が経って見聞きするほどに、実感が増えています。


無の氣功の氣は誰でもできるため、ご自宅で自分一人で効果を上げられるようになってきている方々がドンドン増えています。新興宗教などのように、人が群がり、群れて、つるんでいる姿を見ると、多くの人々は気持ち悪さを感じることと思われます。


氣は信仰ではなく、氣は言葉ではなく、氣は思想ではなく、氣は思いではありません。自分の思いとは違って、勝手に働いてくれます。


整膚の徐堅先生は民間療法はやらないほうがよいとおっしゃっていましたが、私も同感です。また、セルフ整膚を5年くらいやるとよいと言っていますが、正しいセルフ整膚を一生懸命5年以上やると、どんな健康法よりも、どんな治療法よりも、どんなヒーリングよりも、どんな気功よりも、整膚が一番効果があると誰でもわかるようになると思います。


ただ、現代医療の治療は必要なものがあるかと思われます。そこに無の氣功の氣が加われば、さらに効果的かと思いますが、他の民間療法を含め、目に見えない世界のメソッドをやることで、無の氣功も整膚も効果が半減します。


なぜかというと、意識の分散が起きるからです。私は他のものも試してきましたが、ベースとなる無の氣功をどんな人よりも時間をかけて熱心にやってこれたからこそ、神のような存在が働いてくれるようになったと実感していますが、これから無の氣功の習得を志す人は、超簡単にできるようになってきています。


たくさんの繰り返しによって氣がパワーアップし続け、色々なことを実体験し続け、様々なことがわかってきます。氣と整膚はシンプルイズベストですが、繰り返し続けていくこと、しかもより正しい理にかなったやり方を学ぶ必要がありますので、この継続していくことができない人は習得が難しいです。ほかのことを何をやってもダメでしょう。


ただし、人間生活のありとあらゆることを見ると、シンプルな繰り返しの作業で成り立っていることがわかります。この繰り返しによって本当の本物の真の健康と幸福に至れることのみが真実です。


熱意の継続のみが幸、不幸を分けます。人間生活のありとあらゆるものがそうですが、特に、氣と整膚は熱意をどれだけ持ち続けられるかによって効果の違いが出ます。熱意を純粋な心で持ち続けられる人に神様、仏様の応援が入ります。


どんどんご質問ください。


体験談ブログもご参照ください。
精神的な心の好転反応(続き2)四国・男性 2017年11月

氣は神様

何年も前から、特に遠隔をしていての結果が私から見ても「えーっ、ほんとなんかい?」といったような事例が相次いでいて、明らかに私ではない何かがやってくれていると感じていました。


私はほぼ何もしないような状態なのに、考えられないような結果が出ています。体験談ブログに載せさせて頂いているのもその一部ですが、もう何年も365日年中無休で一切やらない日はなく、毎日遠隔し続けています。


ほぼ何もしない無の氣功は、他の気功とは全く違うものです。だから、気功とは言えないかもしれません。そして、うちにお見えになるお客さんの動向を見ても、深い感謝を表される方々が非常に増えてきていますが、このこととは逆に、来づらくなっている方々もいらっしゃることを感じています。


謙虚になるほどに幸せになれるため、感謝も深まり、感謝も多くなりますが、ほとんどの治療家、気功、セラピー等々の先生方は、人様を楽にしてあげたいといった優しい気持ちと同時に、人よりも上に立って、自分の力、知識、技術を見せつけ、優越感に浸りたいといった気持ちがあるため、普通の人よりも邪気を多く発生させているような気がしています。人を支配したいといった気持ちが少しでもあると、邪気を発生させます。


まずは、自分自身に癒しを行うことで、とことん心底その良さを実感し続け、何よりも毎日それを実践し続け、良さを確信し、深めていくことが一番大事な大前提となります。


自分自身に癒しや治療をせずに、なんで人にできるのか不思議です。明らかに、そういった先生方は仕事としてお金を稼ぐ以上に、人の上に立って自分の力を誇示して優越感に浸りたいことが、善い人、善い先生の仮面をかぶってチラホラ見え隠れします。人を殺害するといった凶悪犯罪の中にはこういった側面があるような気がしています。


すべての人は命として見たら平等であり、その価値は全く差がないのに、人間は勝手に上下関係をつくり、権威を作り、力を誇示し、力のないものはそれにへつらうように生きている人々が多いです。


私はこの両方とも木っ端微塵に粉砕したいです。そして、一人のただの人間としてだけで生きたいです。


だから、自分がやって、自分の与えられた体(命)に対して、素晴らしく効果のあるものだけをお勧めしたいんです。治療家の先生方は、教えてしまうと皆さんが自分でできるようになってしまうと、自分の所に来ないばかりか、お金だけじゃなく自分の力を誇示して優越感に浸りたいといったことを満足できないために、お客さんが力と技を身に付け、自立することを阻んでいます。だから、先生なり治療院なりに邪気が溜まるんです。


氣は神様ということを実感して、体で感じて頂くことで、より理解が深まるかと思われます。


先日も曇り空のなかサーフィンをしていて、今までにないくらいの大きなピカッと光る光を沖に見ました。自己氣功している時、私の家に現れた氣の柱のような神様に意識を合わせると、より強く氣を感じます。


整膚を志した年に、具体的に目に見えたり、より強く感じたりすることで、そういった癒しの神様のような存在が、存在していることを実感し続けています。


具体的に私の所にこの存在が現れた時に、私もものすごく癒されたので、すべての家に行ってほしいと願いながらもうすぐ4年になります。整膚の徐堅先生は仏様の導きと常々おっしゃっていますが、このことへ理解を深めることは、やたら技術に走るより、はるかに大事なことだと思います。


すべての人の健康と幸せをどれだけ純粋に思えるかは、自分自身が実際に実体験していることと重なると思います。


酒を飲みながらよく新沼謙治のふるさとは今もかわらずをテレビ録画と一緒に歌いながら、しょっちゅう涙を流していましたが、その私のふるさととのご縁の復活が様々な形で表れてきていることにも夫婦共々驚いています。と同時に、私は福島の原発事故などで故郷を離れなければならなかった方々の強烈な孤独、悲しみをよく感じています。


氣も心も体もあやつり、コントロールしないほど、健康に幸せになれます。飲食や睡眠や運動等々をあやつり、コントロールしないほど、健康に幸せになれます。


言葉巧みに言葉でもって人の心をあやつり、コントロールしようとする健康や癒しの先生方も多いです。自分だけでなく、すべての人の心をあやつり、コントロールしないほど、健康に幸せになれます。


だから、私はお客様から頂いたメール等々は非常にありがたく、感謝いたしますが、こちらから特別なことがない限り、できるだけご連絡しないようにしています。次回の予約勧誘等々はできるだけしないようにしています。友人知人等にも余り連絡しないようにしていますので、個人的な携帯電話は持っていません。


人間関係もすべて氣イコール神様の導きが良縁であって、その他は悪縁なので、神様の導きにまかせたほうが良さそうです。ただし、開運と称して神社仏閣に詣でてお札や御朱印巡りをしたり、結界を張っていやしろ地にしたり、風水等々することは、すべて自分や自分の家族が安全で得をすることだけを考えているため、良いことがあったら、後々必ず悪いことがあるためにそういったものには一切関心がありません。


神様といったって、姿かたちがわからず、名前を付けようもないので、人知を超えている力といえます。人間が考えられるありとあらゆるすべてのことを超えているからこそ人知を超えた力といえるんです。


古今東西、人為的作為的に人間関係を良くしたり、運命を変えるとかいったような方法は一切やらないほうがよいと、長年ものすごくたくさんの人を見てきて、自分もやってみてよくわかりました。


押したり、もんだり、鍼を刺したりすると邪気が増えるのに、もともと丈夫だったりして、氣に余り敏感でない方々はわからないようです。


体験談ブログをご参照ください。
精神的な心の好転反応(続き) 四国・男性 2017年11月

あやつらないほど幸せになる

気・エネルギーを作為的、人為的にコントロールしてあやつらないほど、幸せになれますが、こんなことは、ごく一般の普通の人には全く関係ないことです。


しかしながら、私どものところには、行者や霊能者等々から藁人形や黒魔術のように呪いをかけられているといったような方もお見えになっています。


普通考えたら、えーっ、そんなことあるの〜って世界ですが、また、そういった人を陥れるようなことを行者や霊能者のような先生方は、人のためを思って仕事しているので、絶対ないと人の好い人は思っているでしょう。しかし、お金次第ではどうもそういったこともありうるようです。


また、以前、お見えになった方は自分が習っている先生の生き霊が来て、体調を崩して大変な思いをしているとおっしゃっていました。その方に症状を聞いても非常に大変なことはわかりましたが、よくわかりにくいような症状で、取りあえず頭に手を当てたら、ものすごい反応で、終わったら全然違う良い顔つきになられて、大変楽になりましたと喜んで帰られました。どうも、その先生は生徒が他に行かないように、自分の所だけに来るようにと囲うために、何か祈りのような手法を使っていたようです。


気・エネルギーなどに限らず、治療家が使うような、魔法のようなテクニック、ヒーリング等々のすべては、人間の言葉、思いなどの思考想念を使います。相手を癒したい、治したい、良くしたい、そして自分の所に通って頂き、収入をアップさせたいといったすべての癒しの治療の方法は人の心を操ります。


顧客管理とか、企業戦略とかいったことも同じで、これとは別に、素敵な王子様のような人に心を操られたいといった乙女心をコントロールするイケメン・メンタリストなどもいました。


人間関係のトラブル、人間関係を良くしよう良くしようと色々計算して打算的に動き回ることで、人の心をあやつり、コントロールするほうに向かいますが、すべて不幸になります。人間関係のトラブルも何もしないほうが上手くいきます。


カウンセリング、コーチング、新興宗教などでご利益を求める心、ありがとう、愛してます、ごめんなさいとかいってクリーニングしようとしたり、シンボルやマントラ等々も含めて何か意図があって行おうとしますが、欲張っているような気がします。違和感があります。やってみると嫌な感じがします。


そんなことをしてまでも健康に幸せになりたいのか、ありとあらゆる幸せになると称する方法を、法則を学んで、生活しようとする人ほど体がガチガチになって、結果、不幸になります。


良いことがあったら、必ずそれに見合った悪いことが起きるのがこういった世界の特徴で、それをまた打ち消すために必死になっている方々が多いです。飲食を管理コントロールしてまでも健康になりたいとは思いません。


私は近視と乱視でメガネをかけていますが、目を良くしたいとは思いません。眼精疲労など不快があったら快にするため氣と整膚をするだけです。世の中には絶対に治らない病気を持って一生生き続ける人々も多いです。病気や症状があっても当然、幸せになれます。病気や症状を持ち続けながらでも、年取るたびに幸せになれます。健康になろう、なろうと欲張って生き過ぎると、不幸になると思います。


呼吸法なども軽い深呼吸を短めにがよいと思うので、整膚の呼吸法がベストです。それ以上やると、病気になる人もいるようです。


開脚女王とかって、開脚がそんなにできても健康効果はどのくらいなのでしょうか。開脚ができる人とできない人の健康の差はどうなのかといったことは、すべてのヨガのポーズにもいえます。


何のために、例えば、新興宗教などに入り熱心に信仰するのか、何のために健康法をするのか、健康法や気功、ヒーリング、治療などの先生方がいまだに体調を崩し、短命になられていることが相次いでいます。


何のための健康法なのか、何もしていない人のほうが健康で幸せに長生きできたりしています。
前述のブログのように、家庭に問題を抱えた悩み多き人はコロッと幸せになりますよといった先生にだまされています。
サーフィンもやたらボードコントロールがどうのこうのといってキュッキュッとターンを繰り返したり、忙しく前に行ったり、後ろに行ったりして点を稼ぐ、大会に勝つためのサーフィンはすごいかもしれないけど、気持ちよくサーフィンしているとはとても思えません。私も技が決まったときは我ながらスゲーと思ったりしますが、それより勝手に体が動いて波と調和し、一体になれた時が一番気持ちよくサーフィンできます。


施術も全く同じで、自分が一番感覚的に気持ちよく感じた時が最高です。だから、必ず整膚をやります。この感覚を教室にお見えの人にも教えたいんですが、教えてくれといわれなければ別にいいです。とにかく楽しいですよ〜、気持ちいいですよ〜を伝えていきたいんです。


私のブログも感じたこと、思ったことを殴り書きにしていますが、人間の健康や幸せと地球の未来について危機感を持っています。しかし、操らないということはあるがままに生きるということで、これが一番楽しく幸せになることだとわかりました。余分な欲があると、あるがままに生きれなく、邪魔をしますが、セルフ整膚し続けていると、余分な欲が減ってきますよ〜〜!


スポーツの世界でも、一流になるほどメンタルコントロールなどはやらないそうです。弱いからメンタルコントロールが必要になっても、やっても効果は一時的で、本質的には強くなれないことが一流の人はわかっているそうです。


整膚ポスト41号に、スポーツ整膚によってスポーツマンが心身ともに最高の状態で素晴らしい結果を次々に出せるようになると記されています。

 

体験談ブログをご参照ください。

精神的な心の好転反応 四国・男性 2017年10月